>

経営者が税理士に相談すること

税理士の業務範囲

税理士に相談するにあたっては、税理士の業務範囲を押さえておくとよいと思います。
税理士の業務範囲は、税理士法では大きくは次の四つの業務が定められています。
一つ目は、税務代理です。税務に関することを代行します。税務調査時の立会いなども行ったりします。
二つ目は、申告書などの税務書類の作成業務の代行です。
三つ目は、会計帳簿の作成などの記帳業務の代行をします。
そして四つ目は、税務相談です。節税や税務的な解釈の相談にのることです。

また特定の範囲内に限っては、社会保険労務士の業務を行うこともできます。

古くからの税理士だと、上述の業務しか対応しない場合もありますが、最近は、もう一歩踏み込んで様々な経営者の悩み事を相談出来る税理士も増えてきているようです。

適切なアドバイスをくれる税理士の特徴

適切なアドバイスをくれる税理士の特徴は、なんと「むだ話が多い」ことです。
一見むだ話だと感じても、税理士にとってはむだ話とは限りません。
良い税理士は、人として誠実で熱意もあり、日頃から経営者とコミュニケーションをとり、経営者の人となりを十分に理解した上で、状況に応じたアドバイスを適切に行います。
日頃から経営者の言動や動向、嗜好、趣味などを把握し、信頼関係を築くのが上手いのが特徴です。
ですから、良い税理士は経営者とのむだ話を通じて、信頼関係を築き、大切な話を引き出していきます。
ただ作業をこなすだけで相談もできず、何のアドバイスももらえない税理士では、良い税理士と言えませんよね。そんな税理士に毎月お金を払うのはもったいないですよね。


Share!
TOPへ戻る