>

税理士に相談できること

起業や資金調達などの支援に関して

経営者が新たに会社設立際にバックアップするのも税理士の大切な仕事です。
会社を起業するのは簡単なことではありません。会社設立にあたっては、実に様々な準備が必要です。
経営者は、会社組織の基本設計を行い国に申請・登録します。その際の資金調達や起業のサポートを行うのが税理士の役割です。
この基本設計の仕方ひとつで、資金繰りをどうするかや、会社設立時の株主をどう決めるかなどにより、その後の経営の意思決定のスピードや会社の将来の行く末が大きく変わって来る可能性があります。当然、増資や株の譲渡、税金対策など資金、資本金に関わる影響は計り知れない非常に重要な事項です。

信頼できるパートナーとしての税理士とタッグを組んで、将来を見越した基本設計を描く事が重要です。

ズバリ!税金対策

経営者が常日頃考えることの一つが、支出を減らすことです。将来に向けての投資や必要最低限の経費は仕方ありませんが、経営者の悩みは税金です。営利団体として企業はモノやサービスの対価としてお金を稼ぎますが、その一方で、多額の税金を支払わなければなりません。もちろん支払わなければならないのですが、税金の仕組みは複雑で、本来なら払わなくても済む分を支払う事がないように、節税対策を行うことは、企業の経営者としては当たり前のアクションだと思います。しかし、個人事業主は税の専門家ではないので、できることは限られています。
そこで頼りになるのが、税のプロであり、様々な角度からアドバイスや提案をしてくれる税理士です。

もちろん、税金をごまかすことはできません。
しかし、なにも対策をしなければ、支払わなくても済む金額までしっかり取られます。税理士に相談することで、税制度を正しく理解し、正しく節税する事が大切です。


Share!
TOPへ戻る