>

優れた税理士の見分け方

見分けのポイントは経歴です

経営者は悩みがつきません。特にお金に関する悩みは経営者の最大の悩み事のひとつです。
資金繰りや確定申告の手続き、節税対策など悩みは尽きません。
お金の話で頼りになるのはやはり税理士です。
しかし、税理士の仕事としては、具体的にどんなことをサポートしてくれるのか、そもそも税理士事務所はどうやって探せばいいのかなどわからない方は多いかと思います。

税理士や税理士事務所を探すには、実は選び方があります。

選ぶ際の最大のポイントは、経歴・実績重視する事です。税理士事務所の実績や税理士の方の経歴をしっかり確認しましょう。
因みに税理士登録をするためには、二年間の実務経験が必要になります。
経験を積んでこその税理士なんですね。
ですから新人より実績あるベテランでないと頼りなく感じるかと思います。
5年以上の実務経験を積んだ税理士であれば安心できるかと思います。
そして最後はその税理士の方の人間性かと思います。

これでバッチリ見分けのポイント番外編

経歴以外にもいくつか見分けるポイントがあります。

まずは、事務所スタッフの教育に注目してみてください。若手の教育体制しっかりと整えられているかが重要だと思います。

次に、税理士事務所の大小による違いを把握しておくことです。
規模が大きいところのほうが良いと思いがちですが、税理士の場合は、組織の大きさよりも担当者個人がその事務所とあっているかどうかが重要です。

そして3つ目は、税理士事務所が国が認定している支援機関に指定されているかどうかです。公的機関が実施している融資や補助金の一部は認定支援機関を通さないとうけられないものがあります。ですから、認定支援機関に指定されているかどうかは非常に重要な要素です。
選んだ事務所が認定支援機関かどうかは必ずチェックしましょう。

実際に税理士を選ぶ際は、知人や友人の社長に紹介してもらうこと、もしくはインターネットで業務内容や料金を確認の上選ぶことをお勧めします。


Share!
TOPへ戻る